社長挨拶

当社は昭和39年の創業以来、昆布巻きメーカーとしてお客様の「食の安全」と「食の楽しみ」を追求して参りました。
その中でも、昆布巻きは縁起物として「喜ぶ」の昆布として年末のおせち料理には欠かせない食材となっております。 特に新潟県の昆布巻きは鮭が入っており、全国的にもめずしいもので、「にいがたの特選お土産」の一つとして人気のある商品になっています。そんな昆布巻きに徹底的にこだわり、食材やダシ、その他製造工程にこだわった食のモノ作りに日夜取り組んでいます。さらには、この昆布巻き作りで培ったノウハウを基に「昆布巻きを活かした創作惣菜の開発」や 「食品加工設備」の有効活用を目指し、今後も邁進していく所存です。
今後とも、お引き立てのほどよろしくお願いいたします。

代表取締役 宮崎信一

食の安全へのこだわり

「食の新潟」を担う事業者として、お客様へ安全・安心をお届けするための取り組みです。

  • 1.定期的な食品検査

    ・細菌検査
    ・トレーサビリティへの取り組み(履歴管理の徹底)
    ・検便検査
    ・環境衛生管理(食品衛生法に基づく害虫・ネズミ駆除の実施)

  • 2.手洗い・白衣・マスク・長靴・着帽の徹底

    ・手洗いはジオネットを使用後、アルコール洗浄することを徹底しています。
    ・白衣等に付着した髪を排除するため、ローラーの使用にも細心の注意を払っています。
    ※上記は食品製造に携わる者として、当然のこととして取り組んでいます。

  • 3.温度管理の徹底

    ・仕掛品は仮置きせず、冷凍庫・冷蔵庫を保存目的に合わせて使い分け、低温管理の徹底を図っています。

会社情報

会社名 有限会社宮崎商店
代表者 宮崎信一
事業内容 昆布巻き各種・鮭茶漬け・惣菜の製造販売, レトルト殺菌処理, 各種OEM生産
所在地 〒950-0801 新潟市東区津島屋7丁目52-1
TEL 025-273-2428
FAX 025-275-0873
E-mail mysn@agate.plala.or.jp
創業 昭和39年1月15日
沿革 昭和39年 初代社長の宮崎清次が新潟県中蒲原郡亀田町(現新潟市)にて昆布巻製造・卸を創業
昭和45年 新潟市大形本町に移転
昭和50年 新潟市大形本町に工場増設
昭和53年 有限会社 宮崎商店 設立
昭和61年 新潟市津島屋に工場増設
平成14年 宮崎信一社長就任
取引銀行 大光銀行 大形支店, 第四銀行 大形支店
主要取引先 問屋・県内外市場・学校給食関係・スーパー各位
弊社商品の取扱店 原信ナルス様, 清水フードセンター様, ウオロク様, 吉池様(東京上野), 生活協同組合コープクルコ様, 生活協同組合パルシステム新潟ときめき様, 百笑市場春夏秋冬様, キューピット様, 農家持ち寄り市場採彩様, 新潟直送計画様(ネットショップ)
※スーパーマーケットにおいては取り扱いしていない店舗もございます